お探ししています あの日のクレヨンアートの方

2017年8月12日 - お知らせ / 店の改装

<むつみ>

ずーーっとお探ししています。ある方を。

・・・・金沢市のとなり町 野々市市で
オーガニック&ビーガンのカフェをやっています、

小浦です。

 

新店舗もいよいよ引き渡しまで一ヶ月となり

大工さんたちはお盆前だけどギリギリまで頑張ってくれてます。

 

さっきアイスを差し入れしてきました。

 

室内、一気にペンキ塗りが進んでいてびっくり!

 

初公開、こんな感じです(2F)

 

引っ越しまで1ヶ月半、やること山積み、

そんな中でスタッフが

「これ、新店舗のどこに飾りますか」と気にしているのがこれ

カフェの壁で、11年間、私たちを見守ってくれたチョークアート。

思い入れたっぷりなんですが、

実は!!!!!!!!!!!

 

 

これを描いてくださった方がどなたなのか、

わからなくなっています!!!!!!

 

 

遡ること11年、

今の場所でカフェの営業を始めてまもないころ

お客様に「この黒板スペース、使わないんですか」と聞かれ、

「何か描こうと思ってるんですけど手が回らなくて」と答えたら

 

「私に何か描かせてもらえませんか」と。

 

渡りに船と、お願いしたら、こんなすてきにしてくださった。

 

スタッフ一同大感激で、それからもずっと、大事に大事に眺めて11年過ごしました。

 

それなのに、まあ。

そのアーティストさんがどなただったのか?

わからなくなってしまってるんです。

 

当時、はじめてのカフェの営業で、てんてこ舞いだったこと、

3番目の子の出産と育児で、当時の記憶がほとんどないくらいバタバタしていたことは事実なんですが、

それにしても、こんなありがたい出会いを、その後、大事につなげてこなかった、

自分の怠慢というか、経営者としてあるまじき態度に

我ながらうんざりします。

 

スタッフが新しく入るたびに

この絵はどなたの?と聞かれ、

「どなたに描いていただいたのか、わからない」と答えるたびに

 

「・・・・・えっ?」と驚かれ

そのたびに、

「だよね、信じられないよね」と身が縮みます。

 

(お店をやりたい、お商売をはじめたいというみなさん!

こういうところですよ。

大事なところ。

人とのご縁をどれだけ大切に出来るか。

大事に思うだけではなくて現実的に連絡先をちゃんと管理するとか

定期的にご挨拶するとか

そういうことが、わたし、ほんとうに、出来てない)

 

今回、引っ越すにあたって

この絵をどこに飾るか、考えながら

あの日のあの方、今からでも、お探し出来るものならば!って思っています。

 

もしかしたらあのあとも何度もお店でお会いしているのかもしれませんね。

それなのにわたし、知らんぷりして「いらっしゃいませ〜〜」とか言ってるんでしょうね。

あ〜〜〜、悲しい。

 

お探ししています!

 

改めて御礼も申し上げたいですし。

 

どうぞ、ご連絡くださいませ。

 

むつみでした

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です