流れるものは流さないといけない 大地の再生講座その3

2017年4月10日 - 店のイベント / 店の改装 / 食・農・自然な暮らし

その1はこちらhttp://blog.aljp.net/2fjx
その2はこちらhttp://blog.aljp.net/hqqp

<むつみ>

大地の再生講座、今回は3日間で、

日に日に、噂がひろまったか、参加申し込みが増えて

最終日の日曜日は部屋からあふれました

毎日、座学を一時間。

3日間連続で受講された方は

少しずつ内容が変わっているとはいえ基本的に同じ話を3回聞かれたのですが

みなさん、メモを取る手がとまらない。

私もそうでしたが。

何度聞いても発見がありました。

 


矢野さんと一緒にお仕事をしている西川さん。

今回のプロジェクト、わたしたちは西川さんに頼りっぱなしです。

矢野さんは天才肌で、おっしゃることが時に哲学的で、

具体的にどうすればいいか?すぐにはわからなかったりするのですが

西川さんがそこを丁寧に噛み砕いて教えてくださいます。

 

植物の声が聞こえて、その声のとおりに動こうとする矢野さんは

施行中に時々「人間の都合が多すぎる・・・」と

しょんぼりしてらっしゃいます(法律とか納期とかいろいろありますからね!!)

 

その矢野さんと人間界の間をとりもって

なんとかしようとしてくださるのが西川さん💌

さて今回は、水脈工事を3日かけてやった他に、

山へ入って、有機物を探してくる作業もやりました。

 


そして、持って帰って、敷地に盛大にまきました!!!!

敷設したばかりの水脈のパイプの周りの土が、

工事車両の重みでふたたび硬くなってしまわないように、

上に有機物をまいておくと、圧力が軽減されるということで。

 

 

笹をまきちらした景色は・・・・

見たことのないもので・・・・

 

道を行く人が写真を撮ったり

犬の散歩のご近所さんが不思議そうに見ていったり・・・

 

「午前中までの、砂利の、殺風景な敷地が、

寝転びたいくらい気持ち良い空間になった」と参加者さん。

 

 

3日間の講座はこれで終了。

これから、矢野さんのスケッチに描かれた緑地が完成するまでに

あと4回、講座が開かれる予定です。

 

お楽しみに!

 

矢野さんのいままでの施工例などがきれいにまとまった冊子があります。

 

みかんがすごく取れるようになったとか・・・

お茶の木が元気になったとか・・・・

 

少しですが、アルにありますので、欲しい方どうぞ。

 

 

今日のアルの一品

 

オーガニックコットンの7分袖シャツ。

ふんわりやさしい生地。

 

出産後、体型が崩れて以降は、こういうシンプルな服を着ていなくて

ゆるい服に逃げてばかりいるので

明日、これで、コーディネートを勉強してみたいと思っています。

 

› tags: featured /

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です