受験生の親として学んだこと。まとめ(笑)

2017年3月10日 - 日々のひとり言 / 食・農・自然な暮らし

<むつみ>


長女の卒業式でした。

 

2日前に、公立高校の入試が終わって、

一日だけ卒業式の練習して、

もう、今日は卒業式。もう中学生じゃなくなりました。はあ、はやい。

 

一番目の子どもだからなのか?

夏くらいから本格化した受験勉強の間、ずっと

しんどいこと、てんこ盛りでした!

 

娘なのに。自分の試験じゃないのに。

 

新しく知った感情、学んだことが山のようにあります。

 

これからのママたち!

私と同じドタバタを味わってほしくないような、ほしいような(笑)

 

成長しましたわ。私。

 

一番大きな学びは、

「子どもの身の上に起きるいろんなことを、自分のせいだと思わないこと」

「自分が試験されてる気分になってしまわないこと←(これ大事、人生テストに出ます(笑)」

 

この業界・・・・マクロビ業界??自然食業界?????

なんだろ、ナチュラル子育て業界???

「玄米を食べさせて3人の息子が東大に行きました」(!!!!)みたいな本が出たり、

ぐずる子は食事で治る、的な本があったり。

決して内容は嘘ではないし

栄養が偏ればキレやすい状態になる、とかは真実だと思ってますが、

 

我が子が、志望校に点数が届かないと言って、泣いているのをみて

私の食事の出し方が間違ってたのか??とか

我が子が後ろ向きになっておびえはじめたら

栄養が足りてないのか???とか

ちゃんと愛してなかったのか??とか(笑)

 

子どもの状態と、母としての接し方を

近づけて考えすぎると、お互いに、とっても不幸です。

 

 

私も、最初はまあまあやりたいように頑張れよ~と思って、みてたんですけどね。

学歴重視の家でもないし。

 

でも、本人が七転八倒しはじめたら、

なんだか自分が試験されてるような気持ちになってしまった。

 

それであれこれ、応援する気持ちで、私が頑張ってしまって、

でもその応援は、純粋に子どもを応援だけじゃなくて、

 

どこかに、子どもが無事志望校に合格することで自分がよい親であったと人から見られたい

やっぱり無農薬野菜食べてたらしっかりした子に育つのねって見られたい(!!!!アホか!)

 

という黒い感情が混じっていることに気付いたときは、

はあ~~~~ショックでしたねー

私、ちっさーーーーい!!って。

 

気持ちわる~~~

私、いま流行りの、毒親やん!

これは絶対に、向き合って乗り越えないといけない、と思いました。

 

テストの点数がよければそれは素晴らしいけど

そうじゃなくても、どんなあなたでも愛してる。

それが親のほんとうの気持ち。

 

必死になりすぎて、あやうく、応援と見栄との境目がわからなくなりそうでした。

 

 

と、いったん悟りをひらいたはずが、

また何かと子どもがかき回すんですよ・・・

頼ってきたり・・・・

頼られて手を出したつもりが

急に「自分でやるからこっち見ないで!」って怒ってきたり・・・

 

軽々と点数が上がっていくよそのお子さんを見て

娘が落ち込むと、

私まで、自分に世間からダメ出しされた気持ちになってしまったり。

 

何回も何回も、最後まで、そんな波があって、

応援してることと 毒親してることの境目が

とっても難しかったです!

 

でも最後、振り返ってみれば、

我が子は、私のいうコトをほとんどなんにも聞かなかった(笑)

 

それはとっても素晴らしいことなのかもしれない(笑)

だって、毒親にはなれなかったってことですからね(笑)

娘は、一人で考え、最後まで努力しきりました。

 

そして、そんなドタバタの中で、娘と私の距離は

ケンカしたり突き放したり荒れたり放り出したり

また謝りあったり仲直りしたりしながら

確実に濃くなり

尊敬しあえる成熟したものになったので

苦しんだ甲斐があったな、と思ってます。

 

ナチュラルな子育てを楽しんでる若いママ仲間のみなさん。

子どもに心地良かれと思って、あれこれ時間を取ってらっしゃることと思います。

白砂糖つかわないお菓子を作ったり。

予防接種のことで悩んだり。

わらべうたを歌ってあげたり。

 

子どもに良かれと思って手を尽くす。

 

子どもに「良い」ってことが、どんな形で表れてくるかは、まったくわからないし

分かりやすい結果を求めることは決してやってはいけないんだな~

 

こう育てたからこうなった、

なんてことを、浅はかに測ってはいけないんだなー

(しかも、学校の勉強・受験勉強ごときで!)

 

それが私のこの半年間での教訓です。

 

最近のテーマソング。

ちょうど、再放送している、大好きな朝ドラ「ごちそうさん」のテーマソング。ゆず。

 

♪ どんな君でも 愛している

顔をあげてごらん 光がてらす

涙の川も にじへとかえる

誰のこころも 雨のち ハレルヤ

 

どんなあなたも大好きです。

それがほんとうの、親の気持ち。

娘と、その仲間のみんな、卒業おめでとう、

これからの人生にいっぱいの幸せがありますように。

我が家にはあと3人分、高校受験あるけど、

もうお腹いっぱいです(笑)もう十分わたし成長したので、もういらない(笑)

受験生の親として出会ったこと その3

受験生の親として出会ったこと その2

受験生の親として出会ったこと その1

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です