悪口言われるのもいい経験かなと思い、コメントを入れてみました

2015年5月16日 - 未分類

  • <むつみ>
    14日、安倍首相の、記者会見。
    みなさんどう受け止めましたか?

    私はこの日、街で会議があって、深夜に帰宅したら
    安倍総理のfacebookタイムラインに演説動画がアップされてました。

    「海外派兵が一般に許されないという従来からの原則も変わりません。自衛隊がかつての湾岸戦争やイラク戦争での戦闘に参加するようなことは、今後とも決してない。そのことも明確にしておきたいと思います」
    法案の中身と演説の中身が全然違うことに
    脳みそがねじれる感覚で、眠れなくなってしまいました。

    なんで法案の中身をはっきり言わない。

     

    FBは、「中韓の脅威から守ってくれる安倍総理のお姿に感激しました」
    安倍総理で本当によかったです‼
    反対派って平和を履き違えていますよね」

    などなどのコメントで埋まっていました。
    安倍首相は日ごろ、
    「世論はFBのコメントを見ればわかる」とおっしゃっているとか。
    そんならば、

    私もコメント入れてみよう!

    と思い立ちました。

    どんなひどい反応が来るかと予想しながら。
    夜中だったのであまり深く考えずに。

    「世界各国で、イラク攻撃の検証が行われましたが、日本では何もなされていません。あの攻撃の結果、ISISにつながる流れが生まれてしまい、世界はより不安定になりました。


    コストばかり莫大にかかり(何兆円でしたでしょうか)、結果は検証もしない、というのでは、困ります。

    たとえばあのお金(イラク攻撃のために提供したお金)で、災害救助の超専門集団を作って、世界中の災害現場に出て行ったなら。
    たとえば世界中の若者を日本に留学させて、日本の味方になってもらうような取り組みをしたならば。

    これから跳ね上がる軍事費のおかげで、いろんな予算が削られ、国内がまた不安定になるであろうことも心配です。

    ものの数分で、コメントが帰ってきました。
    • 池田正人日本の外務省も、検証してます。

      事実を知らずに、左翼に洗脳されたままで政府を批判しないようにね。
      「無知」が「発狂」するのは、「キチガイ」

      外務省: 対イラク武力行使に関する我が国の対応(検証結果)

      今般,外務省において,2003年のイラク戦争…

      (残念ながら、これはリンクが切れていました。なので

      「イラク戦争 外務省 検証」でググりました。
      その間も、池田さんからはどんどん来る。)
    • 池田正人 左翼が発狂するほどに日本の政府・自民党は バカでは無いです。
      左翼アホ増すゴミ(朝日・毎日・テレ朝・TBS)などだけを信じていると、キチガイになるよ。
    • 池田正人>世界中の若者を日本に留学させて

      バカ?
      ・・・日清戦争後、第二次大戦後にシナ・朝鮮から多くの留学生が日本へ来てましたが、日本の味方になってますか?
    • 池田正人 お花畑のキチガイ妄想は、脳内だけにしようね。
      私の返信はこれ 

    • 小浦 むつみ こちらですね。短すぎる検証。残念です。


      (自分がこのページの存在を知らなかったことは、なんとなく隠してしまいました。つい、見栄をはってしまいました。わたし、小さい・・・!)

    • 小浦 むつみ
       (戦略としての留学生の受け入れは)いろんな国で、行われていますよ。アメリカでも中国でも、有効な安全保障の一環として行われているそうですね。いざというとき本国とのよきパイプになってくださったり。
    • 鈴木 佐知子 池田様がおっしゃっていますが、日本ではかなりの数の中国・韓国の留学生を受け入れ、厚遇してきました。
      しかし、今、日本に感謝して本国とのパイプ役が果たせている人達はいますか?
      反日感情がエスカレートしているだけですが。
    • 小浦 むつみ そんなこともなくて。韓国では実はそんなに反日感情はエスカレートしてません。政府は反日を政争の道具にしていますが、一般の市民は、日本の観光客に対しても、日本の文化に対しても、好意的な人多いです。
      中国の方もたくさん日本に観光にいらっしゃいます。日本を好きでいる何よりの証だと思います。
      こういう方たちと私たちがしっかりパイプをつなぎ、衝突回避に力を尽くしませんか。
    • 津久井 直政 確かに、貴女の様な考えがまかり通れば良いが。良く考えてみ、中韓の市民が良くても向こうの閣僚共は簡単に首を縦には振らないよ。

    • 小浦 むつみ
       津久井 さま 確かにそうですね。だからといって、北京を陥落させるまでの軍事力を日本が持つこともまた非現実的。どちらにしてもできることは限られています。
      そしてアメリカは中国と戦争をする気はまったくないのですから、今回の法制が中国の脅威への備えとなることは、ない。ただただ、アメリカ軍のお供をさせられるだけになるのでは、との危惧がぬぐえません。
    • 津久井 直政 日本が、唯一の被爆国だから核拡散防止条約に各国の技術者に原爆資料館に招こうとしたら中国は何て言ったかご存じですか?
    • 津久井 直政 日本は、戦争を起こした国だからと言って条項に削除したんですよ。
    • 津久井 直政 この事は、14日の読売新聞に載ってます。
    • 小浦 むつみ 原爆資料館に祈りを捧げてくれているたくさんの中国人の方と、協力していきましょう。
    • 小浦 むつみ 残念ながら、日本を敵国扱いする条文は、国連憲章第53条にもいまだに残っているそうです。悲しいですが。中国政府だけではなく、国連でもいまだ、日本を「戦争を起こした敵国」としている。
    • そんななかで、ひとつずつ、できることを積み重ねていく。それはアメリカのみと安保を強固にすることではないと思います。

    • 津久井 直政
      どうやら、貴女は綺麗事しか言えないんですね。中国人の方と協力って、んなの公安当局が何でももみ消しにするから意味が無い。

      向こうの政権が変わらないと意味が無いんだよ。


      分かってますか?
    • (ここらへんでちょっと嬉しくなる。
      そうです津久井さん。そこポイントだと思います!
      中国の政権が変わるように、
      そのことを目指して外交を組み立てることが出来たら。)
      小浦 むつみ 中国、北朝鮮の、独裁政権が、変わるように、インテリジェンスを発揮できる日本であるといいですね。たとえば脱北者を積極的に支援するなどして。
    • 小浦 むつみ 日本の公安ももみ消し得意です。敵は外国だけにいるんじゃないと思ってます。
      いいね! · 昨日 10:03しかし私の思いはつうじず)

    • 津久井 直政 何が言いたいのですか?
    • 津久井 直政 中国のがあからさまでしょうが。
    • 津久井 直政 民主党政権下、友愛だ何だと言いながら尖閣諸島に何回上陸されたでしょうが(*`へ´*)
    • 小浦 むつみ 津久井さま 私も中国政府はひどすぎると思っています。人権団体を通して長年抗議も続けています。
      ただ、今回の安保法制の変更が、中国政府を抑えることになるとは思えないのです。アメリカ政府は中国とことを構えるつもりはないのですから。
      中国国内の民主派の方たちと力を合わせていけたらと思っています。
      まあ私のような一般市民が出来ることは知れていますが。
      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
      ここで、やりとり終了。
      24時間の出来事でした。仕事しながら、普通に生活しながらなので、
      ぱっと思いついたことを書くくらいしかなかったけど
      自分なりに、なんというか、
      頭の整理になったというか、
      反射神経の訓練になったというか。これから、もしも時代が悪くなっていくとしたら
      昔みたいに「総理に協力しないなんて、非国民!」と言われるようなことがあるかもしれない。

      「なんで竹やり訓練に参加しないの?アホなの?」
      と言われてしまったら
      その場で何かを言える私でいられるかどうか?その訓練に、なったのかもしれません。

      ひとつ気になることが。
      「安倍さん大好きです!中国韓国をやっつけてください♥♥」みたいなコメントもあり、気になってご本人のタイムラインに移動したら、

      カバー写真が首相の食事姿、そこにピンクの♥マーク、そして友達ゼロ、
      他の投稿もなし。
      首相の方針を褒めちぎる、コピペのような大量のコメントが
      良くみられる、
      という話を読んだことはありますが
      もしも世論誘導のためにこんなことにもお金をかけている人たちがいるのだとしたら、とっても気味が悪いですね。

      戦争をきっかけに景気を浮揚させたいと考える人たちは
      どこの国にもいるようです。
      国VS国 の争いに見せかけて、実は
      「争い事で儲けたい人」VS「そんなものに巻き込まれたくない人」
      な構図なのだと思います。

      だから
      「ノーモアヒロシマ」をいう日本人と、
      「リメンバーパールハーバー」というアメリカ人がいたとしたら

      そこは敵同士なのではなく
      お互いが手を取って
      「ノーモアWAR」を言う仲間、なのだと思うんです。

       

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です