息子とイスラム国について話しました

2015年2月1日 - 未分類

小学五年の息子、学校でも友達との会話にイスラム国の話題が出るらしく、

1週間ほど前に

「イギリスとかフランスがイスラム国と戦う、って言ったら

日本も一緒に戦うよね」と言いました。

ちょっと興奮気味でした。

「どうしてそう思う?」
「だって、そうやろ」

ここはちゃんと話さなくてはと思い、

私も本気で話しました。

前に、イラク攻撃というのがあって

イラクの街中もたくさん爆撃されたこと。

小さな子どもたちも「火の玉が降ってくる」と毎日泣いて怯えたけれど

許してもらえなかったこと。

そのまえの経済制裁も含めて100万人くらい亡くなったらしいこと。

アラブ人というだけの理由で逮捕され遠いところ(キューバのグアンタナモ)

まで連れて行かれ、
何年間も、とんでもない拷問を受け続けた人がたくさんいること。

イラクのファルージャでは

「動くものはすべて撃つ」作戦で

逃げ遅れた人も病人も皆殺しだったこと。

 

これが全部、アメリカ政府と軍の作戦で、
日本もどえらいお金を出したこと。

 

「じゃあ、お母さんは、どうすればいいと思うん?
なにもしなくていいと思うん?」

考えてみて。
イラク攻撃の時、「テロと戦う」って言って
大爆撃もやって大金も使って
その結果テロリストを無くせたんか?

(いまイスラム国の中心メンバーは、
かつてのイラクのフセイン大統領のまわりにいた
バース党のメンバーだということです)

今の日本の政府は、「国民の生命と財産を守る」ために
いろんな政策を立ててる。
テロとも戦うと言ってる。

でも、いま1日に、日本で何人人が死んでると思う?
自殺する人の数何人くらいやと思う?

「1日で?日本全部で?・・・・3人くらい?」

それくらいやったらいいね。
それって一年で何人になる?

「えーっと、1日3人、10日で30人、ええっと・・・」
(計算おそっ!)

残念ながら、実際は年間3万人以上。

「えっ。てことは1日・・・・」(計算、おそーーっ)

「そうや、100人以上や。
世界では、3秒に一人が、貧しさや戦争でなくなっとるって。

ずっと前から、国の中も外も、たいへんなことになっとる。
テロとの戦いって、いま始まったんじゃないと思うよ。
人間が生きておれんくらいつらい状況って、
ずっと続いとるんじゃないかな。
(そういう人が、勧誘されたらすぐテロリストになることもあるよね)

少しでも生きやすい世界になるように、
こつこつ努力してる人はたくさんいる。

空爆ではテロはなくならない。それはこの20年ではっきりわかったことなんや。」

「そっか・・・。。。。」

私が一方的に情報を出して、本人は納得したかしないか、
息子がどう考えたか、わからないですが。
単純に「テロリストやっつけれ〜」と銃を持つ兵士に、なってほしくない。

 

いま、後藤さんの殺害のニュースを受けて

岸田外務大臣が、記者会見で、
「何の罪もない人を拘束し
その命をもてあそぶ
こんな行為は許せない
人間のやることとは思えない」

と、コメントを出していらっしゃいます。

残念ながらそれは、
逆の側(イラクのフセイン大統領を支持していないのに殺されたたくさんの人たち)からみたら、
日本政府が大金をもって支援してきたアメリカ政府側のやってきたことでもある。

「秩序を守るため」と、
何の罪もない人も、拘束し
調査や裁判もしないままに
アブグレイブやグアンタナモで見せたような血も凍るような恐ろしいことを
やってきてしまいました。

「お互い様」になってしまいました。

畑の害虫を全滅させようと、強い殺虫剤を巻き続けた結果
それに耐性を持った、ぜったいに殺せないスーパー害虫が出てきてしまったのと同じなのか?
「テロリスト」組織もどんどん強く賢くなり。

虫の性質を理解し、
なぜ畑の作物を食べるのか考え
別の方法で対処している農家さんの畑はバランスがとれてくる

ってことも、ある。

バランスがとれて、それぞれが自分の幸せを追いかけても大丈夫な世界は
いつか、きっと作れる。

みんながいい人でもないし、みんなが悪い人でもなかろうもん。

まずは、シリア難民にしっかり食べさせること。
彼らが絶望してしまったら、
イスラム国の兵士になっていく可能性がいちばんありそうです。

私が息子に話したことを
もっともっと専門的に深く書き込んだものを見つけました。

イスラム国による日本人人質事件
今私たちができること、考えるべきこと

http://bylines.news.yahoo.co.jp/itokazuko/20150131-00042568/

息子よ、大きくなったら、
世界をいろんな側から見る人になってください。
一番弱い立場の人の考えを理解できる人になってください。

最後に・・・

後藤さんが無事であるようにずっと祈ってきたので
殺されてしまったのだとしたら本当に無念。
やめてほしかった。イスラム国側には、後藤さんの功績に気付いて欲しかった。

本当の意味で、イスラム国が弱体化するように、
改めて、私のような力のないものも、考えていかなきゃなと思いました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です