SISAMコーヒーのふるさと(候補)に行ってきました フィリピンレポート4

2014年5月5日 - 未分類

<むつみ>
マニラから直行バスで4時間半のバギオ。
国民あこがれの避暑地。

しかし富田さんのクリニックがあるスービックからは直行がなく、
行きはハイヤーで二万円弱、
帰りはバスで2000円くらいだけど8時間以上かかりました。
高速バスなのに、途中でなんども停まって客をひらう・・・・

道中、うとうとしてふと目を覚ますと、びっくりするような崖道をどんどん登っていて、
霧の中に街がある・・・・天空の城ラピュタのような・・・・

bagio

こういう写真も有名ですね
ricefields

コーヒーの生産をコーディネートしているCGN
(コーディリエラグリーンネットワーク)の本拠地は
すてきなゲストハウスも運営しています。

tala

TALA

古い床板、アンティークなインテリア、別途はたったの600ペソ
(1ペソ2.5円くらい)

フィリピンでコーヒーを学んでいる、
専門家の山本さんもいらしていて、ちょっとだけレクチャーしてもらいました。
ついている・・・・

朝は6時出発。さらに標高が上がって、1200Mの高地へ。
道は、やっぱり悪路でしたわーーーー。
ガッタガタ。
ゴッッツゴツ。

IMG_9969

「10何本からの川の水源地なんですよ、この山は。
でも、現代の生活は、(自給自足だった昔と違って)
子どもの学校やら医療やらでお金がいるので、
住民が、売れるものを作りたくて
木を切って、サヨテ(瓜の一種)の畑にしてしまってる。

やしの木を切ると水が枯れるんです。
ここが一番川上だから、
川下の田んぼもみんな、水不足になって、
なんにも作れなくなってしまう」

IMG_0014

(街に給水車も参上していました。深刻ですね)

有名な棚田もピンチということ?

「でもお金がないと生きていけないから、
木を切らなくても済むもの、として、
コーヒー。
木の陰でちょうどよく育つから。
フェアトレードは主工芸品も多いけど、
器用な人とそうでない人がいるし、
一次産業なら、みんな土はずっと触ってきた人たちだから。」
と、教えてくれたのは
今回私を山に連れて行ってくれた、
CGN(コーディリエラグリーンネットワーク)の反町真理子さん。

小さな村に到着。9時頃。
まずはプロジェクトの事務所的なところで、
コーヒーの苗木とご対面。

IMG_9890

IMG_9891

キャー!
急に元気が出て来ました。

IMG_9893

IMG_9894

待ち構えていた村人たちと、反町さん、山本さんで
さっそく苗木を見て回る。

IMG_9943

IMG_9898

IMG_9895
この方がリーダーらしい

IMG_9944

いちいち、雰囲気がある。

この村は、2年前から、コーヒープロジェクトに参加した村。
苗木から育てて、植え付けて一年経ったところなので
まだ収穫までは行っていません。

最初に見せてもらったのが

IMG_9903

これ。
「棒がいっぽんあったとさ・・・・・」
こころぼそーーーーーーーーい

「日陰で植えて!って言ってるんだけどね・・・
ここ、日陰になる木を植えたけどまだ育ってないから・・・
でもほら、先っちょ、まだ生きてる」

植樹は雨季にするそうですが、次の雨季まではまだ数ヶ月あるので
なんとか持ってくれるかな・・・

IMG_9905

こちらは、ほら!だいぶしっかりしてます。
黒い苗ポットは、目印がわり。

IMG_9922

さてここからは平地ではなく、崖地に。

IMG_9921

ここを降りていく。

IMG_9909

山本さんの言葉を真剣に待つ村人。
私もいっしょに聞かせてもらう。

ただ日陰なだけではダメで、
光合成をして太れるように、
肝心なところには陽が届くように剪定を・・・・
IMG_9925 IMG_9928

どの枝を残してどの枝を切るか・・・
アドバイスを聞く村の人達の目つきに、本気さが現れています

IMG_9949

一軒目の農家さんでかなりの崖道を上り下りしたので
すでに汗だく。「今日、何箇所くらい回りますか?」
「あなたの体力が持つ分だけね」と、担当さんにニヤリとされる・・・

よしどこまでも付いていくぞと、思いだけは持ったのですが、
二軒目はさらに急で、リュックも村人に持ってもらい、
時に岩をつたって。
(つたっているのは私だけ。村人はヒョイヒョイ歩く)

IMG_9924

IMG_9929

IMG_9923

 

IMG_9946

「あー、ここも切っちゃってる。」
IMG_9948

「なんども言ってるのに、切っちゃうんだよね」

IMG_9947

やしの木を切ると水がかれる。
逆に、やしの木があるところには水が湧いている。

IMG_9954

そのまま飲めました。冷たくて美味しかった!

これを失って、いったい、なんとする。

蛇口をひねれば水が出ると思っている都会人よ(←私だよ)
命の源を考えるのだ!

IMG_9959

(赤ちゃんはどこの赤ちゃんもかわいい・・・・

この村での暮らしが続きますように)

この村のお話はまた次回もさせてください
(つづく)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です