4人の子どもを自宅出産で取り上げてくれた助産婦さんです

2014年4月17日 - おすすめイベント

<むつみ>

お産の話を。
「4人の子ども、自宅出産」と話すと「すごいね!!」と言われますが、妊婦は移動もしなくてよくて、いつもの布団でらくらく、大変なのは、たくさん働くことになる家族と、助産婦さんのほう。

このご時世だから、「何かあったらどうする」の声はものすごいんだけど、でも、「何かあったら手術が出来る病院」だけに頼るのが安心というふうには考えずに、「出来るだけ、何も起こらないように、するっと産めるような体の管理を」と、何ヶ月もしっかり寄り添ってくれる助産婦さんに出会えたので、できました。

私の母は最初は大反対で、「どうしても家で産むならもうお母さんは知らない」と絶縁宣言?までしていましたが、実際のお産のときには駆けつけてきて、私の頭の上で、義母とふたり、
「いいお産やねえ。私らのとき、病院で、こんないいお産じゃなかったよね・・」と。(まだ生まれてない・・・いまいちばん痛い・・と心の中でつぶやく私を尻目に)

その助産婦さん、すみれ助産院の山岸和美さんは、
「山岸さんともういちどお産をしたいから」って理由で第二子をもうける人がいるほど(!)妊婦さんたちに慕われている女性です。

私は、お産を、人生のちょっとしたお仕事のひとつだと思っていました。ちょっと寄り道・・・みたいな。
でも、山岸さん(とそのお仲間たち)と出会ったおかげで、人生のとらえ方が根っこから変わる体験になりました。
もっともっと安心して生きていいんだなー と。
それと、命は自分で引き受けるもんなんだなー と。

その山岸さんとお話する会を企画してマス。
24日(木)10時から。アルの上の3Fにて。
お茶付き750円です。定員がありますのでご連絡ください (076-246-0617 アルまで)

妊婦さんじゃなくても、普通に自然に暮らしたいと思っている方に、何かしら「そうか!」と思ってもらえる会になればいーなー。
そのうち産みたい・・・孫のときのために・・・産む予定ないけど興味ある・・どなたでもどうぞ。

フィリピンで見た、超安産のお話も、ちょこっとさせてもらえれば。
もうびっくりしましたよ。神様がお産をあんなに痛くしたのはなんでやろうかと、ずっと思っていましたが、そうじゃなかった。
もともとはあんなに苦しくなかったんだね。

長くなりました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です