シサム工房ウィーク!アルがシサムアイテムでいっぱいになります

2013年3月14日 - お知らせ

<むつみ>

先週末のセールにはたくさんご来店いただき、ありがとうございました。楽しかったです!

店が狭く感じる時間帯もあり・・・ご不便おかけしました!ドラエもんか誰かが来て、ぐいっとアルを拡げてくれないかなあ、、、なんて思いました。

さて、来週にはもう、シサムウィークが始まります。

京都の「シサム工房」さん。長いことお付き合いしているフェアトレード業者さんです。

ここの商品は、スタイルがあってシンプルでナチュラルで、スタッフみんな大好きなんです。

「アルの店を一度、シサムさんのものでいっぱいにしてみたい」と私がつぶやいたところ、「それは楽しいかも!」とスタッフも乗ってくれて、約一週間、シサムウィーク開催です。

商品のかなりの部分を入れ替えするので、きっと大変なのですが、それでも一度やってみたかった。

おなじテイストのもので商品をたくさん揃えてみたい。服もアクセもサボもバックも、コーディネートのご提案が楽しかろう・・・と思ったので。


もうひとつ、この企画をやる理由があります。

フェアトレードのお取引先は、どこも、それぞれ、考え方や姿勢がユニークです。ひとつのお取引先にスポットを当てることで、それをお客様にはっきりお伝えできればと思いました。

人がいてこそのフェアトレード。それが伝わる企画にしたいと思っています。

それで、まずはスタッフがシサムさんをいっぱい感じてこよう!と、4人して、京都まででかけました!

人気商品のグルスィバスケットの山をかき分けたり・・・

(収穫!)

試着しまくったりしました。

長い間ご無沙汰してた、シサム代表の水野さん、人見さんとお会いすることも出来ました。

「フェアトレードにデザインと販売力を。」確固たるポリシーを持って、現在6店舗を展開中。

水野さんとお会いするのは10数年ぶり。

アパルトヘイト(南アフリカの黒人差別政策)反対の運動を見たことがきっかけで、フェアトレードを志した、水野さん。

私が初めてお会いしたのは、京都大学の横でお店を立ち上げた頃でした。そのころは人見さんと2人で。

次々とオリジナル品を開発し、店舗とスタッフを増やし、現在スタッフ40人。

(みなさん、かわいい&スタイルがある・・・)



京都や神戸の繁華街での店舗で、

「お買い物は、どんな社会に一票を投じるかということ」

と、キャッチコピーをバーーンと打ち出しているところが、ホントかっこいい。


シサムさんの魅力に取りつかれる「シサマー」が、石川でも増えますように。

シサムウィークは3月22日(金)- 31日(日)です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です