無殺菌の生乳のお話会

2011年12月29日 - お知らせ

<むつみ>
のっぽくん15周年記念企画、第5弾。
想いやりファーム長谷川竹彦さん お話会」
2012年1月22日(日)10時30分~12時30分
場所 ・のっぽくん3F セミナールーム
参加費・想いやりファームの牛乳試飲つき 900円
(当日参加は1000円)
※ご参加ご予約 076-246-0210 のっぽくん
 メール noppokun☆r6.dion.ne.jp
 (☆を@に変えてください)
※部屋の中にお子様スペースを設けます。ご参加ご相談ください
*想いやりファームは・・・・・
日本で唯一、無殺菌の生乳を壜詰めにして全国に発送しています。なんと、1本1000円!!
なぜ無殺菌で牛乳を出せるのか?そんなことをして大丈夫なのか??
その答えとして、長谷川さんは、「牛にストレスを与えない」ことが大事とおっしゃいます。
そうすると、本当の意味で滋養ゆたかな「牛の乳」が頂けるとのこと。
では「ストレスを与えない」ためにはどんなふうに飼育するのか?
具体的に伺っていくと、・・・驚くことの連続!
牛が、何をストレスと感じているか。それを取り除くとどうなるか。
本来の、生き物としての牛はどういうお乳を出すのか。
そこから見えてくるのは、乳牛を取り囲む、大きな矛盾。
自分の生んだ小牛を育てる乳量の何倍もの量を絞ることが目的で品種改良が進められて、
特殊な生き物に変わっているそうです。
市販されている殆んどの牛乳は、熱処理や成分調整などの加工をされる過程で、
アレルギーや消化不良を起こすものとなったり、骨粗鬆症の要因にもなっているようなのです。
なぜそんな加工が必要となったのか?
優しい語り口に引き込まれていくうちに、
いまの社会が、命とは別の尺度を大事にしてきた結果、
抜き差しならないところに来ていることを、感じます。
そんな社会で、人もやはり強いストレスを感じて辛い思いをしているのではないか・・・
新しい価値観が見えてくる機会になればと思います。
※若いお母様方にも聞いていただきたい内容なので、お子様スペースをつくります。
少し子どもの声の混じった講演会になりますが
ご参加の皆様のご理解をいただきたくお願い申し上げます。 
※終了後、アルのまくろびランチをご希望の方、ご予約ください
ベジカレーランチ・デリランチともに、ケーキと飲み物つきで1000円です
<のっぽくん社長より>
今年の8月に苫小牧からレンタカーで長谷川さんに会いに行ってきました。
黙っているとちょっと怖そうな風貌の長谷川さん。
お話しするとその言葉の中にある、優しさや温かさ生き物を思う愛・・・。
そんな空気のような不思議なぬくもりにいつまでも包まれていたいと思ってしまいました。
・ 人間の経済性・作業性・イメージを牛たちに押し付けない。
・ 牛たちにとってのベストを牛の目線・牛の立場で追求し続ける。
・ 牛の個性・牛のペースに合わせる。それぞれの個性を把握できなくなる増頭はしない。
・ 食べ物はすべて命であり、どんな命にも上下はない。
・ 乳は母親の血液であり、母親の健康・環境がすべて乳に出る。
・ 女性も生涯を賭ける職業として選択できる職場にする。命を育む女性の視点、消費者としての女性の視点を大切にする。
・ 牛も土も本来のありのままの姿に戻す努力を続ける。    
・ 無農薬・無肥料・無配合飼料
社是は
・ 牛達への想いやり
・ 顧客への想いやり
・ 環境への想いやり
・ 商品への想いやり
・ 仲間への想いやり
という経営を、スタッフとの熱いチームワークの中で世に問い続けてこられた、誰にも真似の出来ない生き方を貫いてこられた、一人の人物の素敵なお話を聞いてみたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です