小出裕章さん「原発のウソ」

2011年6月7日 - 商品のこと

<むつみ>
小出裕章さん「原発のウソ」が店に届いたので読んでいます。
編集の北村さんが、電話でセールスしてきたので
つい発注してしまいました。
 
・福島第一原発はこれからどうなるのか
・放射能とはどういうものか
・放射能汚染から身を守るには
・原発の常識は非常識
専門家として原発の危険性を訴え続けて40年。
解りやすい解説がいま引っ張りだこの、京都大学・小出裕章さん。
音楽プロデューサーの小林武史さんが
小出さんの話を
「骨の髄がきしむような」と表現していましたが
この本を読み、
それがよくわかりました。
とってもわかりやすいんですが
内容は、事実の重さに
まさに「骨が、きしむ」
放射能が人間を傷つけるのはどういう仕組みか?
原発の本当のリスクは?
今どうしても知っておきたいことが満載。
原子力に未来はない・・・
すべて引き受けて、生きていくしかないわけですから
空手で立ち向かわず、
まずこれをしっかり読んで、
そして、しっかりしなきゃ!
起きてしまった過去は変えられないが、未来は変えられる・・・・
「原発のウソ」777yen です。扶桑社より
http://www.alwebshop.com/b_genpatsu_no_uso.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です