原発の情報が

2011年3月16日 - お知らせ

<むつみ>
店頭でお寄せいただいた義捐金、
まずは「モンベル」さんへ、託しました。
モンベルさんでは、スタッフが現地入りし、
アウトドアショップならではの物資
(寝袋やランタン・・)を
配ったりするようです。
個人宅から、モンベルの集荷場への
郵送も、受け付けているので、
ぜひどうぞ。
なぜ寄付委託先をモンベルにしたかと言いますと、
被災地がとても寒そうで、
送るなら、毛布と寝袋、どっちがいいか?
朝礼で相談してみましたが
決め手もなく・・・
いっそメーカーが、お金だけ預かってくれて
それで自社製品を寄付してくれたら
よほどよいのに、と思っていたところ、
「モンベルさんが活動を始めたよ!」
というニュースをもらったので、
ちょうど配達に出かける
のっぽくん店長の車にのせてもらい、
行ってきた、というわけです。
知人からの依頼分も持って行ったので、
全部で5万円になりました。
個別の領収書も頂いてきました。
$ある日のアルで…フェアトレード&オーガニックショップ経営記-110316_165243.JPG
店頭に貼り出して、お客様へのご報告とします。
そして、ひとつご提案!
民間団体の支援も動き出しましたが、
「どこのルートでどこまで行けるか?」
「避難所一覧」など、
具体的な情報が、
テレビからはほとんど伝わってきません。
水はどこで配っているか?
どこで何が足りないか?
彼らの取材結果と、現地情報をつなぎ合わせれば、
このご時世、
通れる道マップくらい
Googleさんですぐに
作れそうだと思うのです。
それを、「お願い!マップ作って」と
各マスコミさんにメールしたりしていますが
メールフォームがうまく動かなかったり
なんだか手こずります。
賛同頂ける方、あなたの声も
テレビ局に届けてもらえませんか?
各放送局の、サイトを開くと、
「ご意見」を送るフォームがあるので
そこから。
さて、福島原発は、
このままでは
チェルノブイリより悪いことになる、
と予告する専門家もいれば、
マスコミは危機感を煽りすぎている!
こんなのなんでもない!と
怒る専門家もいます。
ツイッターには情報が溢れかえっています。
これだけ内容に格差があると
シロウトにはお手上げ。
地球を滅ぼす大惨事、か、
「人体にほとんど影響はない」のか。
極端・・・
残念ながら、政府とNHKの発表は、
まるで「大本営」
信じたくても、信じる材料に乏しすぎる。
今日も、原子力資料情報室が
19時から?
外国人記者クラブで記者会見をやるそうなので
どうぞ。
前回、とてもわかりやすかった。
http://www.cnic.jp/
首都圏にいる友人に、
「春休みだし、こっちに来れば・・?」と
誘っています。
もちろん、どこにいても地震の危険はあるんですけどね。
やはり小さい子どもたちは出来るだけ安全なところへ・・と
思ってしまうのです。
しかし、今回は、長期戦の模様。
自治体などでの長期受け入れも、
検討が始まっている様子。
きっと、年度末の忙しさと相まって
自治体職員は、目の回る忙しさでしょう!
ガンバレ公務員!
私たちもついていきます!
田中優さんのブログ、
「あなたのネットワークで被災者の受け入れを」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です