とろろ昆布を

2011年3月13日 - 食・農・自然な暮らし

<むつみ>
取り込んでしまった放射能を
身体から排出するのに
効果がある食べ物がある、ということを
聞きました。
こんなことを書くと、きっとたくさんの人に
「またまた・・・・」
「そんな気休めを。」と
思われるのでは。
私も、原理を説明しろと言われたら
出来ないので、
自信満々というわけにはいきません。
でも、食べて害のあるものでもないし
特別なものでもないので、
もしも効果があったらすごくよい、
という気持ちで
書きますね。
効果があったかどうか、
わかるのは10年後、
なのかもしれませんが。
(10年後に癌になる確率を、下げられるかどうか)
それでも、小さい子どものいる人は特に
被ばくはとても心配だと思うし、
ちょっとでも効果があるかもしれないと思うことは
やってみたいだろう、と思うので。
梅干し、味噌、醤油、板海苔、
だし昆布、とろろ昆布、
炒り玄米、鉄火味噌。
ペロペロ舐めたり、おやつ代わりに食べたり、
いろんな方法でたくさん食べればよいそうです。
自然食品店のネットワークでは
ずっと前から話題になっていたそうで、
今回、マクロビオティックの教室に通っている友人も
メールで知らせてくれました。
どういう原理で排出してくれるのか
わかりませんが
普段の身体の毒出し機能と
同じだとすれば、
腎臓を大事にすることも
必要かもしれませんね。
腎臓が硬くなり痛い人は、
熱湯で10分ほど煮たこんにゃくを
タオルで巻いて、腎臓のところに乗せると
とても気持ち良くてラクになります。
排毒も促進されるはずです。
(放射能の排出と関係があるかどうかは
まったくわかりません。
日常のお手当てとして、とても効果あるので
ついでにお知らせしておきます)
醤油、味噌などが
排毒作用をしてくれるためには
発酵食として、菌が生き生きていることが大事ですが
発酵する菌の力を最大限に生かしてくれる
木樽仕込みの味噌や醤油 

世の中にとても少ないのです。
たしか、数パーセントとか。
こんなとき、とても心細く感じます。
そして、いま必要とされる海藻類
(だし昆布、とろろ昆布などなど)は
三陸の特産物。
アルの食材を届けてくれる
三陸水産さんの、これからのご苦労を思うと
涙が出ます。
今日も三陸水産さんの出し昆布で
出しを取り、味噌汁を飲みます!
いっしょに頑張ろう!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です