「祝島島民の会」と、モネットのこと

2011年2月26日 - 食・農・自然な暮らし

<むつみ>
映画「ミツバチの羽音と地球の回転」を
ご覧になった方は
きっとあのハートの島の「今」が
気になると思いますが
「祝い島島民の会」のブログがありまして、
http://blog.shimabito.net/
ここで、今行われている、
「強行工事」・・・・・・・のことが
記事で読めます。
上関原発 の工事に対して
島を上げて反対している人たちに、
数百人?の作業員を送り込んでいるとのことです。
記事で読んでいても、映画の映像が焼きついているから
あの、島のおばあちゃんたちがまたとっても苦しんでいることが
よくわかって、心痛みますが、
ここ数日、工事現場からUST中継がされていて、
そこではツイッターで、ひっきりなしのツイートが流れていて、
新しい時代だなーーと思います。
海はぜったいに売れん!という島民の方たちの思いに押されて、
中国電力 082-504-7006
山口県庁 
に、FAXを書きました。
「UST中継で、見ていますよ」と。
「けが人も出たそうですね。ネットで見ていますよ」と。
ツイッターでも祝島の情報が飛び交っていて、
河野太郎さん、福島みずほさんなど
議員さんたちが現場を訪れていることなど
つぎつぎつぶやかれてます。
(私は、一日一回しか、みれませんが・・・)
時代が変わったな・・・とつくづく思います。
NHKスペシャルで、
チュニジア革命でFacebookが果たした役割を
読み解いていて、
それに刺激されて、私も
Facebook 始めました。
しっかし、開く時間もなければ、使い方もまるでわかりません。
でも、フィリピン・ミンダナオ島で
大学生をしている
モネットちゃんが、登録していて、
彼女の写真がたくさん見れたので
それが本当にうれしかったです。
彼女は、「PAGSAGOP」という児童施設にいた子で、
私が最後にあったのは10歳くらいのときでした。
ジャイアンの妹のジャイ子に似ていて
愛嬌いっぱいの子でしたが、
いま写真でみたら、すごいキレイなお姉さんになっていました。
彼女は、親がいないので、
施設が閉鎖になった時に、
学校も辞めなくてはいけない事態になったのですが、
昔から、すごく努力する子で、
成績も上位を保っていたので、
周囲がかわいそうに思って、
私に、支援を求めてきました。
年に二万円くらいあれば、OKだということで、
3年間、送金してきました。
さすがに、最終学年になると
教育実習とか、最終試験とかで
出費が多いらしく、5万円くらいはかかりそうです。
何度もメールが来ます。
彼女のことは、昔のレポートにちょこちょこと出てきてます。
http://www.h4.dion.ne.jp/~ftc/travelnote.html
いつ訪問しても、人懐こい笑顔で、
歓迎してくれまhした。
5歳くらいで、アル中の父から逃れて家出をしてきて、
それからはずっと、
PAGSAGOPで、仲間たちと暮らしてきました。
もう、施設はなくなってしまったけれど、
自分が働いて稼げるようになったら、
同じ境遇の子たちを支援したいという夢を持っています。
もしも、ちょっと応援してみてもいいかな、と
思われる方 いらしたら
ワンコインでも結構ですので、
彼女が卒業できるように
応援してもらえたら、大変ありがたいです。
メールftc(アットマーク)k2.dion.ne.jp
よろしくお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です