チャレンジ

2010年11月19日 - 店の運営

<むつみ>


ケーキの注文用紙・・・・お歳暮ギフトの展示・・・・チョコのチラシ・・・クリスマスグッズのディスプレイ・・・・特にかわいいものはウェブショップへのUP・・・・焼き菓子教室・・・ほんとはクリスマスのケーキ教室も、やりたいのですが、準備が出来るかどうか?


のっぽくんでは、おせちにお餅の注文受け付け準備も始まり、店のなかがザワメキはじめています。


そんな忙しい中、そうそうに、忘年会の企画だけはバッチリと手配している私たちです。今年は、ぐっち店長のダーリン たけしくんが、イタリアンノシェフなので、その腕を揮ってくれることになり、定休日にみんなで思いっきりパスタやなんかを食べよう!!と張り切ってます。


忘年会は12月6日にやる予定ですが、私はその日、NHKの「ろくまる文庫」に出していただけることになり!収録が終わったら合流です。


放映は、みんなで観ることになるだろうから、上手にしゃべれなかったら、きっと相当くやしいことに~~~~。 ガンバリマス


さて、タイトルの「チャレンジ」 ってなんのことだっけ?と忘れそうになる忙しさですが・・


石川県の、ふるさと雇用創出事業 というものに応募しています。


店をちゃんとまわしていくことにかかりきりで、産地とお客様をつなぐ という、本当の目的はどうなっているのかな?と反省することがつづいています。だけど、時間的余裕がない!


そんなところへ、「緊急雇用対策」として、石川県が予算をつけていることを知りました。


来週、面接があります。


うまくいけば、来年、2人のバイトさんを雇う分の予算が出ます。県の委託事業として、産地と生活者をつなぐための事業を、あれこれ展開できることになります。


里山に入って皮むき間伐を経験したり・・・・間伐材を燃料にしたペレットストーブのことをみんなで勉強したり・・・・もちろん、いままでやってきた、田んぼや畑に通うことも、頻繁にできるようになり、お客様をお連れすることもできるようになる予定です。


はたして、石川県が、私のプランを認めてくれるか??


2日間もかけて書いたプランなので、どうかどうか、通りますように。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です