ガイアシンフォニー第7番

2010年10月4日 - お知らせ

<むつみ>


 セール、バイキング、試着&ご予約会、そして国際交流祭りにいらしてくださった皆様、ありがとうございました!!


 アルには大きな山場となった、週末でした。


 明日は朝8時から、スタッフ反省会ですパンチ! けっこう反省点があります・・・


さて、お知らせです。


ガイアシンフォニーという映画、ご存知でしょうか。


「地球交響曲」と書いて、

’ガイアシンフォニー’


全国、自主上映会でしか上映しない、という

ガンコな映画です。第一番から始まって、今回7作目。


初めてガイアを見たのは「第三番」

10年以上前です!


ちょうどフィリピンのバナナ村視察から帰ったばかりだった私は、その興奮さめぬままに上映会に参加し、その後の打ち上げにもお邪魔して、監督が優しいのをいいことに、バナナ村がどんなによいところだったか、どんなにワクワク楽しかったかを、延々としゃべったのでした。初対面でずうずうしく・・・


監督はおおまじめな表情で、


「よかったね。あなたの、その嬉しかった気持ちを、どんどん、みんなに分けてください。そのよいイメージだけが、世界をよい方向に動かすんだよ」


とおっしゃり、私は少し、とまどったのでした。


イメージが、世界を動かす???ってナンダロー



そのころはいわゆるスピリチュアル系の話は、まだ全然市民権を得ていなくて、ちょっと怪しい、というイメージだけがあったと思います。


ガイアシンフォニーは、スピリチュアルっていうんじゃなくて、学術的なこともベースでありながら、なんていうんですかね、その科学の世界の視点から、「見えないもの」を浮き彫りにする、そんな映画です。


あんまりうまく書けないですけど・・・


第1番から第6番までの、数々のエピソードのなかから、私の心に残っているのは、第3番で、ハワイの人たちが、古代の材料と技術だけで船を作って、タヒチまで航海する話。計器もなにもない、風も波もない、星も月も頼れない、方角がわからなくなった最悪の状況で、万事休すとなったとき、リーダーは・・・・・・・・・


・・・どうしたかを描きたいですけど、これから見る人がいらっしゃいますもんね。やめときます。


私たちは、間違いなく、地球の意識とつながっているんだ、安心して、生きればいいんだ、と感じる映画です。


さて最新作の第七番は、アルにも前売りありますよ。


今回は、日本の自然崇拝の思いと、最先端の科学が出会う作品、なのだそうです。


アルのお客様には、「自然治癒力」という言葉を世界に定着させた、アンドルー・ワイル博士が出演している、とお話しするのが、一番振り向いてもらえるかしら。

日時10月16日(土)
開場 15時15分
上映 15時30分~17時35分
会場 石川県文教会館 金沢市尾山町10番5号 TEL076-262-7311
入場料 前売り¥1500当日¥1800
チケット取扱い場所

のっぽくん 076-246-0210



予告編はガイア公式HPにて。(「ガイアシンフォニー」で検索)


10枚まとめて買うと、招待券1枚ついてくるそうですよ(主催者さんより)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です